戻る

JIDX: JAPAN INTERNATIONAL DX
CONTEST RULE



                                                          2016-04


目的:JA局はJA(含むJD)以外の出来る限り多くのゾーンおよび    エンティティーに属するDX局とのQSOを行い、DX局は出来る    限り多くの都道府県マルチに属するJA+JD局とのQSOを行う 日時:CW    4月第2週土曜日16:00~日曜日22:00JST    PHONE 11月第2週土曜日16:00~日曜日22:00JST    30時間で休憩時間無し    PH 2016-11-12 1600 - 2016-11-13 2200 JST    CW 2017-04-08 1600 - 2017-04-09 2200 JST バンド:WARC BANDは対象外 PHONE 3.5/7/14/21/28MHz (JAs on 3525-3575,3599-3612,3680-3687,3702-3716,3745-3770, 3791-3805 & 7030-7200KHz) CW 1.8/3.5/7/14/21/28MHz (JAs on 1810-1825 & 1907.5-1912.5) 部門:  シングルOp(*1)・ハイパワー(*2) AB = SINGLE-OP ALL-BAND HIGH-POWER 28 = SINGLE-OP 28MHz SINGLE-BAND HIGH-POWER 21 = SINGLE-OP 21MHz SINGLE-BAND HIGH-POWER 14 = SINGLE-OP 14MHz SINGLE-BAND HIGH-POWER 7 = SINGLE-OP 7MHz SINGLE-BAND HIGH-POWER 3.5 = SINGLE-OP 3.5MHz SINGLE-BAND HIGH-POWER 1.8 = SINGLE-OP 1.8MHz SINGLE-BAND HIGH-POWER(CW only)  シングルOp・ローパワー(*3) ABL = SINGLE-OP ALL-BAND LOW-POWER 28L = SINGLE-OP 28MHz SINGLE-BAND LOW-POWER 21L = SINGLE-OP 21MHz SINGLE-BAND LOW-POWER 14L = SINGLE-OP 14MHz SINGLE-BAND LOW-POWER 7L = SINGLE-OP 7MHz SINGLE-BAND LOW-POWER 3.5L = SINGLE-OP 3.5MHz SINGLE-BAND LOW-POWER 1.8L = SINGLE-OP 1.8MHz SINGLE-BAND LOW-POWER(CW only)  マルチOp(*4) MOP = MULTI-OP (SINGLE-TX ALL-BAND HIGH-POWER)  海上移動局(*5) MM = MARITIME-MOBILE (No award eligible) ・一人一部門に限り参加を認める ・マルチOp部門以外の2波以上の同時送信を禁止する ・全部門ともパケットクラスターの使用を認める ・自局の運用情報をクラスターに流したり、流すように依頼     する(Self Spotting)ことを禁止する ・コンテスト中の運用場所の変更は海上移動局を除き認めない ・使用コールサインと異なるエリアからの運用においては、コールサイン     の後ろに"/運用エリア"を表示すること     (同一エリア内の移動では"/*"の表示は不要) *1 コンテストに関わる全ての操作を一人で行なうこと 以下のJA局の運用もシングルオペと認める。但し同一場所からの複 数の局の参加は認めない。 1-1.他局の設置/常置場所であっても、個人局としてその場所にて免許を 受けている場合 1-2.クラブ局からクラブ局のコールサインを使用して個人で参加する場合 1-3.他局の設備よりゲストオペレータとして個人で参加する場合 *2 出力100W超 *3 出力100W以下 *4 交信を行なったバンドから10分以内に他のバンドへQSYしてはなら ない。但しニューマルチを得る場合に限り、他の1バンドでの同時送 信を認める。なお、10分間ルールはランニング・ステーション(主局) とマルチ・ステーション(ニューマルチのみと交信する局)個別 に適用する。 *5 全ての海上移動局は"/MM"を明示して、CQゾーンを送信ナンバーとし、   JA局のみとの交信が有効となります。   結果は、MM局一括として発表を行なうがアワード対象外とします。 ナンバ:JA局 RS/T+JARL制定都道府県番号 (但し北海道は支庁の別なく01とする) DX局 RS/T+CQゾーン ポイント:JA局はDXおよび/MM局との交信のみ有効 DXおよび/MM局はJA局との交信のみ有効 同一局との交信は同一バンドでは1回のみ有効 1.8MHz........ 4pts 3.5/3.8MHz.... 2pts 7,14,21MHz.... 1pts 28MHz......... 2pts マルチ:各バンドにおける JA局、各バンドにおけるDXCCエンティティーおよびCQゾーン DXおよび/MM局、都道府県+小笠原、沖の鳥島及び南鳥島 (全部で50マルチ)都道府県 /MM局:海上移動局はJA局との交信のみ有効。 ポイントおよびゾーンマルチとして有効、エンティティーマルチとして はカウントしない。 スコア:(QSOポイントの和)×(マルチの和) 優勝楯:贈呈者のいる部門の優勝者に楯を贈呈する。 *シングルオペ・ハイパワー/ローパワー部門に関しては、パワー に関係なくオールバンド、シングルバンド部門の最高得点者に楯を 贈呈する。
表彰状:以下の各部門毎の局に表彰状(PDF)を贈呈する。 カントリーの上位 JAの各エリアの上位 (小笠原/南鳥島/沖ノ鳥島は11番目のエリアとみなす) USAのZone03/04/05およびUA9のZone17/18/19の上位局 提出書類:電子メイルにログを添付して提出して下さい。     ・ログはキャブリロ(Cabrillo)形式を標準とします。     ・時間は全てUTC(JST-9時間)にて記入すること。 ・送受コンテストナンバーを全て記入すること。 送付先 CW : cw%jidx.org PH : ph%jidx.org (上記のアドレスの"%"を"@"に変更してください。)     詳細は
『JIDXコンテスト電子ログ提出要領』を参照してください。    紙ログによる提出     ※手書きによるもの以外は電子ログとして提出して下さい。     ログ形式の変換でお困りでしたら je1cka%gmail.com に御相談下さい。     200局以上QSOしたバンドがある時、および合計500局以上QSOした     場合には Dupe Check Sheetを添付すること。 サマリーシート(紙ログ)に運用の種別により、以下の事項を明記すること。 記入例) 移動運用局の場合  運 用 場 所 :移動運用(具体的な地名)  局の設置場所:常置場所の住所  住    所:現住所 住所と設置場所(固定局)が異なる場合、  運 用 場 所 :設置場所の住所  局の設置場所:運用場所に同じ  住    所:現住所 社団局からシングルオペ部門に参加した場合、および ゲストオペによる運用の場合  使 用 コール:使用したコールサイン  局の設置場所:上記局の設置場所  オペ レータ :オペレータのコールサイン  運 用 種 別 :社団局構成員/ゲストオペ  住    所:オペレータの現住所 ※ シングルOp・シングルバンド参加局で、ログ提出バンド以外の QSOはチェックログとして同時に提出して下さるようお願いします。 締切り:コンテスト終了後1ヶ月 CW   2016年05月10日消印有効 PHONE 2016年12月13日消印有効 延期要求:締切日までに、コンテスト委員会に対して電子メイルにより、     上記の期限内にログを提出できない理由を報告し、承認を得れば 2週間以内の締切期限の延長を認める。 Email: jidx-chairman%jidx.org (上記のアドレスの"%"を"@"に変更してください。) 紙ログ送付先:〒181-8799 三鷹郵便局私書箱22号          JIDX PH/CWコンテスト 失 格:規約違反および虚偽の申告が判明した場合には失格となります。 JIDXコンテスト委員会の決定をもって最終決定とします。


ホームページに戻る